音楽教室に通うと楽しいこといっぱい!お子さんにあった教室選び

子供に人気の2つの習い事を比較

男の子にも大人気!ピアノが学べる音楽教室

ピアノといえば女の子に人気のレッスンでしたが、音感を鍛えたり表現力が伸びるという点から、近年は音楽教室に通う男の子も増えています。子供の頃にピアノを習っていたというお母さんが多く、子供と一緒に楽しむことができるのも嬉しいポイントだといえます。

赤ちゃんから始めることができる!スイミング教室

マタニティスイミングやベビースイミングからはじめて、そのままスイミング教室に入る人が多いため、子供に人気の習い事の中でも特に馴染み深いレッスンだといえます。生まれる前から大人になっても続けられるため、教室通いを習慣化して健康維持に役立てましょう。

子供を音楽教室で学ばせるメリット・5選

脳の働きを活性化させる

音楽教室で一番使われている楽器は、ピアノです。ピアノは両手を異なる動きで使う上、ペダルを踏むために足も使います。また、楽譜を先読みしたり、短時間の間に記憶する必要があります。同時に複数の異なる動きを行うことで右脳と左脳が刺激され、記憶力がアップするなど様々なメリットを得ることができます。

達成感を味わうことができる

大抵どの音楽教室でも、定期的に観客を招いた発表会が行われます。毎日の練習の成果を大勢の人の前で発表することで、物事をやり遂げる喜びや達成感を味わうことができるでしょう。達成感を味わうという学びは、勉強や運動など様々な面に良い影響を与えることになります。

努力の大切さを学べる

どんなに簡単な楽器でも、一朝一夕でマスターできるものではありません。毎日家で地道な練習を繰り返し行うことで、はじめて一つの曲が完成します。一曲を通して弾くことができた時に、日々努力することが如何に大切かを学ぶことができるでしょう。

同じ趣味を持つ友達が作れる

音楽教室に定期的に通うことで、幼稚園や小学校以外にも友達を作ることができます。同じ趣味を持つ友達ができることで教室に通う楽しみが増え、レッスンに臨む気持ちも高まるでしょう。お母さん同士でも友達が作れるなど、親子共に交友関係が広がります。

将来役に立てることができる

楽譜が読めたり、ピアノが弾けるという技能を身に付けておけば、将来、ピアノ講師や幼稚園教諭など、就職先の幅が広がります。特技として自信を持って公表できる技能があれば、就職活動でも自己アピールの一つとして役立つでしょう。子供が生まれた時には、お母さんがお子さんにレッスンをしてあげられます。

音楽教室に通うと楽しいこといっぱい!お子さんにあった教室選び

楽譜

感性を育てる

楽器の扱い方や楽譜の読み方を教えるだけでは、感性は育ちません。まずは耳に音楽を馴染ませ、リズム感覚を育むことが大切です。そして、手を叩くところからはじめて、表現力を伸ばします。こうした段階を踏むことで、感性が育つのです。入会前にしっかりと音楽教室の教育方針やレッスン方法を確認して、感性を育てることができる教室を選びましょう。

教室を探す

音楽教室を探す際には、まずは立地に注目しましょう。最低でも週に一回と頻繁に通う必要があるため、教室が遠い場所にあるとそれだけで負担が大きくなります。特に子供が小さいうちには、自宅から無理なく通える範囲にある音楽教室を選びましょう。自家用車の有無や近隣路線など、交通の便を考慮した上で選ぶことが大切です。

レッスンを選ぼう

レッスンを選ぶ際には、まずは大手音楽教室か個人音楽教室かを選択しなければなりません。大手の良い点は、複数の生徒と一緒にレッスンできるという点です。複数人での演奏を楽しんだり、大きな会場での発表会を経験することができます。反対に、個人の場合はマンツーマンレッスンを受けることができます。講師の自宅などアットホームな場所で練習することができるので、人見知りの子でも安心して通うことができるでしょう。

費用の相場

音楽教室に支払う費用は、大きく分けて二種類あります。一つはレッスン料で、毎月五千円程度支払います。大手と個人ではレッスン料が異なりますが、五千円前後の教室が多いです。また、レッスン料の他にも、音楽教室に通うには教材費が必要となります。大手の場合は事前に楽譜をまとめて購入することが多く、個人の場合は一冊終了する毎にその都度買い足すことが多いようです。

広告募集中